アクセス


各セクションメニューへ

病院情報の公表

平成28年度 横浜医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1415 319 471 990 996 1064 2165 3450 2255 336
全体的に患者数は増加傾向。特に0~9歳、60代以降の患者層が昨年に引き続き多い結果となった。
横浜市の『小児科拠点病院』、神奈川県の『地域周産期母子医療センター』、『救命救急センター』としての機能を持ち、
横浜市南西部の地域中核病院として急性期医療を担っている。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 390 3.0 3.1 0.5 71.0
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 243 3.4 4.7 0.4 70.3
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 105 4.4 5.5 0.0 64.9
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 103 15.8 18.0 2.9 81.1
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 59 9.0 13.0 10.2 70.6
【循環器内科】上位5つの疾患群
①050050xx99100x は「狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル検査」入院のこと。
②050050xx02000x は「狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等」入院のこと。
③050070xx01x0xx は「頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術」入院のこと。
④050130xx99000x は「心不全」入院のこと。
⑤050030xx97000x は「急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
「365日24時間、あらゆる循環器疾患を断らない」を目標に掲げ、日々治療を行っています。
我々の持っている知識、技術をすべて結集・集約し、チーム全体で、一人一人の患者さんのために、努力していきます。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
■K7211-----tan3 短手3(内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2cm未満) 332 - - - 68.2
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 81 3.4 3.0 - 77.2
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 74 8.6 7.9 1.4 73.3
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 49 13.5 11.7 - 75.1
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 41 14.6 11.1 2.4 70.6
【消化器内科】上位5つの疾患群
①■K7211-----tan3 は「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)の短期滞在」入院のこと。
②060100xx99xxxx は「小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)」入院のこと。
③060102xx99xxxx は「穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患」入院のこと。
④060050xx97x0xx は「肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり」入院のこと。
⑤060340xx03x00x は「胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
慢性C型肝炎、慢性B型肝炎、自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変などに対し、治療実績があります。

平成29年4月より「K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術」の施設基準を取得しました。
食道、胃および大腸の早期癌や良性ポリープに対して、粘膜切除術(EMR)または粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 131 7.4 6.4 - 2.9
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 120 7.1 5.8 0.8 2.9
■D291-2----tan3 短手3(小児食物アレルギー負荷検査) 102 - - - 3.4
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 99 7.2 6.0 1.0 0.8
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 86 5.0 6.2 - 0.0
【小児科】上位5つの疾患群
①040100xxxxx00x は「喘息」入院のこと。
②0400801199x00x は「肺炎等(1歳以上15歳未満)」入院のこと。
③■D291-2----tan3 は「小児食物アレルギー負荷検査の短期滞在」入院のこと。
④040090xxxxxx0x は「急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)」入院のこと。
⑤140010x199x00x は「妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上))」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
休日・夜間は一次救急医療機関である戸塚区休日診療所、横浜市南西部夜間急病センターとの連携を取っています。
また高度な医療を必要とするお子さんに対しては、横浜市大病院、神奈川県立こども医療センターなどの三次中核病院と連携を取りながら診療を行います。

糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし85歳未満 71 12.4 14.9 2.8 64.7
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし85歳未満 41 11.6 14.6 - 58.0
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 37 3.6 6.1 - 33.5
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり85歳未満 16 11.9 16.4 - 64.8
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし85歳未満 12 9.3 12.2 - 56.7
【糖尿病内分泌内科】上位5つの疾患群
①100071xx99x100 は「2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)インスリン注射有 85歳未満」入院のこと。
②100070xx99x100 は「2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)インスリン注射有 85歳未満」入院のこと。
③120200xx99xxxx は「妊娠中の糖尿病」入院のこと。
④100071xx99x110 は「2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)インスリン注射有 定義副傷病あり 85歳未満」入院のこと。
⑤100071xx99x000 は「2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)インスリン注射無 85歳未満」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
短期の糖尿病教育入院と、近隣の診療所、病院との連携診療を特長として診療を行う一方、甲状腺、脳下垂体、副腎などの内分泌代謝性疾患も
専門的に診療を行っています。また、妊娠糖尿病、妊娠バセドウ病など妊娠に伴う代謝性疾患の診療も行っています。

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 62 16.2 16.5 41.9 72.2
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 22.3 18.8 38.7 80.1
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 11.2 7.1 6.7 59.6
010060x2990301 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 21.4 19.0 42.3 75.4
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2あり 定義副傷病なし 19 18.2 17.6 - 72.1
【神経内科】上位5つの疾患群
①010060x2990401 は「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)エダラボン等使用 発症前Rankin Scale 0、1又は2」入院のこと。
②010060x2990411 は「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)エダラボン等使用 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2」
入院のこと。
③010230xx99x00x は「てんかん」入院のこと。
④010060x2990301 は「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)SPECT等有 発症前Rankin Scale 0、1又は2」入院のこと。
⑤010170xx99x10x は「基底核等の変性疾患 SPECT等有 定義副傷病なし」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
常勤医5名体制で病棟及び外来診療を行っています。周辺に神経内科専門の常勤医がいる病院が少ないため、近くの開業医や一般病院の先生方との連携を
重視しています。

当科が主体となって脳卒中の地域連携に関する会Y-CIRCLEを立ち上げて、定期的に回復期リハビリテーション病院のスタッフや開業医との会合を開いたり、
市民公開講座を行ったりして活動しています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 65 28.2 22.5 13.9 61.5
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 62 3.9 3.2 1.6 62.6
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 60 15.1 16.0 1.7 62.7
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 46 28.6 19.4 39.1 69.3
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 43 10.0 9.9 4.7 74.7
【脳神経外科】上位5つの疾患群
①010010xx01x00x は「脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等」入院のこと。
②010030xx9910xx は「未破裂脳動脈瘤 造影剤注入手技動脈造影カテーテル法」入院のこと。
③010030xx01x00x は「未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 」入院のこと。
④010040x099x00x は「非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)」入院のこと。
⑤160100xx97x00x は「頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
『年間破裂率が△%から◇%と言われても、患者さんにとっては100%か0%の問題』
手術顧問・病棟診療部長指導のもと全医師が経験数・成績を重ねています。

未破裂脳動脈瘤に対し、開頭手術(クリッピング術)と血管内手術(コイル塞栓術が主)のいずれを選ぶかは瘤の部位、大きさ、形状を十分検討して
患者さんと相談します。

2013年10月からSHライン(Stroke脳卒中, Headache頭痛)を開設。神奈川県下の救急隊と協力し、24時間365日救急隊から直接当科および
神経内科スタッフが連絡を受けることにより、これまでよりさらに迅速に、そしてこれまでより多くの脳卒中の患者さんを受け入れ治療を行っております。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 117 9.8 9.8 - 34.7
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 69 5.7 6.4 - 44.3
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 65 5.8 6.3 - 47.9
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 62 13.8 20.8 8.1 31.3
■K867------tan3 短手3(子宮頸部(腟部)切除術) 48 - - - 42.9
【産婦人科】上位5つの疾患群
①120260xx01xxxx は「分娩の異常 子宮破裂手術等」入院のこと。
②120070xx02xxxx は「卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等」入院のこと。
③120060xx02xxxx は「子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等」入院のこと。
④120170xx99x0xx は「早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし」入院のこと。
⑤■K867------tan3 は「子宮頸部(腟部)切除術の短期滞在」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
入院後の治療に際してはクリテイカルパスを活用し、医療の標準化と効率化により患者さんの安全と入院期間の短縮に努めています。
夜間や休日の緊急時にもできるだけ対応できるよう努めています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
■D413------tan3 短手3(前立腺針生検法) 142 - - - 72.8
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 65 7.0 7.4 - 72.3
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 23 5.5 5.8 4.4 61.2
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 22 9.8 12.5 - 63.7
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 21 7.5 10.0 - 73.3
【泌尿器科】上位5つの疾患群
①■D413------tan3 は「前立腺針生検法の短期滞在」入院のこと。
②110070xx0200xx は「膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 」入院のこと。
③11012xxx020x0x は「上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 」入院のこと。
④11001xxx01x0xx は「腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 」入院のこと。
⑤110200xx02xxxx は「前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
検査は、可能なものは外来検査とし入院期間の短縮を心がけております。手術に関しても身体に低侵襲の体腔鏡下手術を行っております。
また、お薬の投与のみで状態の安定している患者様、足が不自由で通院が困難な患者様は、ご希望により近くの開業医(地域連携病院)への紹介も積極的に
行っております。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 89 3.4 3.7 - 72.3
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 48 12.4 12.4 2.1 72.9
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 43 18.9 19.9 - 70.7
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 36 16.0 14.8 19.4 76.8
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 19 12.0 10.8 - 65.5
【呼吸器内科】上位5つの疾患群
①040040xx9910xx は「肺の悪性腫瘍 経皮的針生検等有 」入院のこと。
②040040xx99040x は「肺の悪性腫瘍 化学療法有」入院のこと。
③040110xxxxx0xx は「間質性肺炎 」入院のこと。
④040040xx99000x は「肺の悪性腫瘍 」入院のこと。
⑤040040xx9909xx は「肺の悪性腫瘍 ベバシズマブ等使用」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
最新の知見を交え、ガイドライン(肺癌診療ガイドライン、喘息予防管理ガイドライン、COPD診断と治療のためのガイドライン、特発性間質性肺炎 診断と治療の
手引きなど)に沿った標準的な診療を行っています。また、手術が必要となる患者さんでは呼吸器外科との連携によるスムースな対応を心がけています。

救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 44 2.7 3.6 11.4 41.8
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 3.1 7.5 3.2 46.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 10.8 21.3 45.5 74.1
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 3.9 9.9 5.6 68.7
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 16 5.9 6.1 - 81.6
【救急科】上位5つの疾患群
①161070xxxxx00x は「薬物中毒(その他の中毒)」入院のこと。
②160100xx99x00x は「頭蓋・頭蓋内損傷 」入院のこと。
③040081xx99x00x は「誤嚥性肺炎」入院のこと。
④160100xx97x00x は「頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり」入院のこと。
⑤040070xxxxx0xx は「インフルエンザ、ウイルス性肺炎」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
救急科医師は救命救急センター内での診療の核となり、かつ各専門科の医師とも密接に連携をとりながら正確な診断と適切な診療を行っています。
当院救急外来は重症度・緊急度別に診察ゾーンが3つに分かれています。救急科医師は24時間365日院内に常駐しており、救急外来において集中治療を
必要とする重症(3次救急)患者の診療のみならず、救急車で来院される軽度・中程度患者の診療にもあたっています。
ドクターカーの運用も開始しており、要請があった際に即時対応を行っています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 29 8.8 9.0 3.5 68.1
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 22 17.0 12.0 9.1 71.1
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 14 2.2 4.3 - 59.6
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 9 6.2 8.8 - 77.8
080090xxxxxxxx 紅斑症 8 16.9 10.4 - 66.0
【皮膚科】上位5つの疾患群
①080020xxxxxxxx は「帯状疱疹」入院のこと。
②080011xx99xxxx は「急性膿皮症」入院のこと。
③080007xx010xxx は「皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 」入院のこと。
④080006xx01x0xx は「皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 」入院のこと。
⑤080090xxxxxxxx は「紅斑症」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
皮膚病変の正確な診断と適切な治療を行います。
一般にcommon diseasesと呼ばれる疾患については、診断ならびに治療方針の決定がなされた後は、居住地域の皮膚科専門医での診療をお願いしています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 84 25.6 27.6 61.9 79.6
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 54 4.1 5.5 3.7 48.7
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 43 19.7 18.0 7.0 73.7
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病なし 41 3.1 5.3 - 18.3
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 35 29.2 26.3 8.6 72.5
【整形外科】上位5つの疾患群
①160800xx01xxxx は「股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等」入院のこと。
②160760xx97xx0x は「前腕の骨折 手術あり」入院のこと。
③070343xx97x0xx は「脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり」入院のこと。
④160740xx97xx0x は「肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり」入院のこと。
⑤070230xx01xxxx は「膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
脊椎の治療は、希望に応じ神経根ブロックや仙骨部硬膜外ブロックなどの保存療法も積極的に行っております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
■K6335-o15-tan3 短手3(鼠径ヘルニア手術(15歳以上)) 99 - - - 68.3
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 49 5.9 6.8 - 60.0
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 39 14.7 18.0 - 69.6
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 39 16.0 15.9 - 73.6
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 37 6.0 5.6 - 31.0
【外科】上位5つの疾患群
①■K6335-o15-tan3 は「鼠径ヘルニア手術(15歳以上)の短期滞在」入院のこと。
②060330xx02xxxx  は「胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等」入院のこと。
③060040xx02x00x  は「直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 」入院のこと。
④060035xx01000x  は「結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等」入院のこと。
⑤060150xx03xxxx  は「虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
癌や急性腹症、ヘルニア、乳腺まで幅広い疾患に対応し、患者さんにとって最適な手術を行えるように、多職種を含むチームで取り組んでいます。

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 18.1 12.8 3.5 73.1
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 18 13.2 14.8 - 69.1
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 9 17.8 12.4 22.2 76.1
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 8 28.4 21.3 25.0 85.6
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 7 25.3 22.7 14.3 68.0
【腎臓内科】上位5つの疾患群
①110280xx99000x は「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 」入院のこと。
②110280xx99010x は「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 人工腎臓(その他の場合)」入院のこと。
③110310xx99xx0x は「腎臓または尿路の感染症」入院のこと。
④040081xx99x00x は「誤嚥性肺炎」入院のこと。
⑤110260xx99x0xx は「ネフローゼ症候群」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
健診で指摘される蛋白尿・血尿、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症など腎疾患全般に対する精査・治療を行っています。
潰瘍性大腸炎、ある種の神経筋疾患、類天疱瘡など特殊な免疫疾患に対し、それぞれの診療科と協力しながら免疫吸着、血漿交換などの血液浄化法を行います。

膠原病・リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 47 15.7 17.8 2.1 61.6
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 16 12.8 14.5 - 71.2
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 26.2 21.3 15.4 83.9
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等26あり 9 2.0 2.8 - 66.6
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 8 42.8 19.2 25.0 72.9
【膠原病・リウマチ内科】上位5つの疾患群
①070560xx99x0xx は「全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 」入院のこと。
②070470xx99x0xx は「関節リウマチ」入院のこと。
③040081xx99x00x は「誤嚥性肺炎」入院のこと。
④070470xx99x6xx は「関節リウマチ インフリキシマブ等使用」入院のこと。
⑤180010x0xxx0xx は「敗血症(1歳以上)」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
関節リウマチをはじめとするリウマチ性疾患や膠原病を中心とした診療を行っています。
病気の重症度には、個人差が非常に多く、日常生活にほとんど支障がない患者さんから、入院生活が必要となる患者さんまで様々です。
当科では、このような患者さんに対して、院内の他科との協力も得て、早期診断・早期治療に努めております。
入院を要する患者さんは大きく分けると3つになります。
1.診断目的での入院:短期間で集中的に検査を行うことによって早期診断を可能にします。
2.治療目的での入院:入院を要するような強い治療を行う場合、初期治療で今後のために病気及び治療薬について知識を増やす必要がある場合の入院です。
3.合併症の治療目的での入院:治療の中心となる副腎皮質ステロイドや免疫抑制薬は、様々な合併症が出現します。入院が必要な患者様の多くは感染症です。
これらに対して適切な治療を行うために入院をします。

治療においては以下のことに気を付けています。
・副腎皮質ステロイドの投与を必要最小限、短期間にとどめること。
・短期的な状態の改善だけでなく、長期的な生活の改善を考えた治療を検討すること。
・合併症対策・予防も含めてトータルマネジメントを行うこと。
・治療方針は医師が決めるのではなく、情報共有を行った上で患者様と一緒に決めること。

また、膠原病・リウマチ内科は内科の一員として、どこの科が主科となるのかの判断が難しい疾患;誤嚥性肺炎などの患者さんの診療も行っています。
専門分野ではありませんが、一般内科的な適切な治療・管理を行い、急性期の治療が一区切りついた後の療養型病床を持った病院への引継ぎも行っています。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 42 10.0 12.7 - 66.9
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 7.3 10.1 - 33.9
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 17 12.4 12.4 - 72.2
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 5 7.0 10.3 - -
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 4 9.8 11.6 - -
【呼吸器外科】上位5つの疾患群
①040040xx97x0xx は「肺の悪性腫瘍 手術あり」入院のこと。
②040200xx01x00x は「気胸 肺切除術等」入院のこと。
③040040xx99040x は「肺の悪性腫瘍 化学療法有」入院のこと。
④040030xx01xxxx は「呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等」入院のこと。
⑤040010xx01x0xx は「縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。

【診療科より】
胸腔鏡(ビデオモニターシステム)を多くの胸部手術に導入し、 侵襲の少ない手術(身体に優しい手術)を心がけています。
また、呼吸器内科と共に呼吸器センターを設立し、呼吸器疾患においてより綿密な連携が取れるようになりました。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
■K2821ロ-o--tan3 短手3(水晶体再建術・眼内レンズ挿入・その他・片側) 220 - - - 76.5
■K2821ロ-b--tan3 短手3(水晶体再建術・眼内レンズ挿入・その他・両側) 136 - - - 77.1
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 32 4.4 8.3 - 61.3
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 20 5.1 10.5 - 56.1
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 12 3.0 3.4 - 33.6
【眼科】上位5つの疾患群
①■K2821ロ-o--tan3 は「水晶体再建術・眼内レンズ挿入・その他・片側の短期滞在」入院のこと。
②■K2821ロ-b--tan3 は「水晶体再建術・眼内レンズ挿入・その他・両側の短期滞在」入院のこと。
③020180xx97x0x0 は「糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 片眼」入院のこと。
④020160xx97xxx0 は「網膜剥離 手術あり片眼」入院のこと。
⑤020150xx97xxxx は「斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
患者さんの話をよく聞き、精密な診察、詳しい説明を行い、患者さん一人一人に合った治療方針をたてるよう心がけています。
必要があれば入院、手術などに対応いたします。

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 5.8 8.9 - 68.1
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 16 5.4 4.9 6.3 76.1
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 14 26.9 28.2 14.3 64.6
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 3.5 3.1 - 72.3
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 12 3.0 3.3 - 72.8
【心臓血管外科】上位5つの疾患群
①110280xx02x00x は「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等」入院のこと。
②050163xx9910xx は「非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 心臓カテーテル法による諸検査」入院のこと。
③050161xx97x10x は「解離性大動脈瘤 その他の手術あり 中心静脈注射等」入院のこと。
④050050xx99100x は「狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル法による諸検査」入院のこと。
⑤050180xx97xxxx は「静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
当院は3次救命救急病院に指定されています。24時間、放射線技師、臨床検査技師、臨床工学士がスタンバイし、緊急手術(大動脈解離、
胸腹部大動脈切迫破裂、心室 中隔穿孔、急性動脈閉塞症)が可能です。
高齢者・ハイリスクな患者さんには低侵襲な人工心 肺を用いない冠動脈バイパス手術(OPCAB)を 行い、術後QOL(生活の質)向上に努めています。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 25 7.2 9.4 - 59.6
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 20 6.0 7.5 - 64.0
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 11 3.9 5.5 - 31.0
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1なし 10 7.7 8.4 - 20.4
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 10 8.1 5.2 - 56.9
【耳鼻咽喉科】上位5つの疾患群
①030428xxxxxxxx は「突発性難聴」入院のこと。
②030350xxxxxxxx は「慢性副鼻腔炎」入院のこと。
③030240xx99xxxx は「扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎」入院のこと。
④030250xx970xxx は「睡眠時無呼吸 手術あり」入院のこと。
⑤030400xx99xxxx は「前庭機能障害」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
突発性難聴は早期の治療開始が大切です。初診後速やかにステロイド漸減点滴+PGE1製剤点滴での加療を行っています。副鼻腔炎手術は全例が
内視鏡下手術(ESS)です。扁桃周囲膿瘍、扁桃周囲炎には必要があれば積極的な切開排膿を行い早期治癒を目指しています。閉塞性睡眠時
無呼吸症(OSAS)に対する手術も施行しております。良性発作性頭位めまい症(BPPV)以外の耳性めまい(メニエール病発作、前庭神経炎など)
については、患者さんの自覚症状が落ち着くまで症状に合った点滴・内服加療を行っています。

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 15 4.2 3.4 - 69.7
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 13 5.5 5.9 - 52.5
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 8 4.8 8.8 - 76.8
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 8 4.5 4.3 - 65.3
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 7 6.6 5.8 - 48.1
【形成外科】上位5つの疾患群
①020230xx97x0xx は「眼瞼下垂 手術あり」入院のこと。
②070010xx010x0x は「骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等」入院のこと。
③080006xx01x0xx は「皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等」入院のこと。
④080007xx010xxx は「皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等」入院のこと。
⑤160200xx0200xx は「顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等」入院のこと。

①~⑤の疾患群において、『平均在院日数(自院・全国)』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
『美しい外科を目指し“消えない傷跡”をいかに“目立たない傷跡”にするか』
形成外科の治療においては、“傷”や“形”や“機能”をどこまで改善してゆくかが重要であり目標となります。
傷跡を限りなく目立たなくし、形態を限界まで整え、機能を極力回復させることが形成外科である考えております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 46 9 28 51 30 40 1 7
大腸癌 40 25 49 43 45 59 2 8
乳癌 14 15 3 3 0 3 1 7
肺癌 23 6 23 76 204 28 1 7
肝癌 5 19 9 9 54 47 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
平成25年4月に「がん診療連携指定病院」として神奈川県から指定を受けており、5大癌に限らず、幅広いがん診療をおこなっています。
「がん診療連携指定病院」とは、どこに住んでいる人でも、日常の生活圏で質の高いがん医療を受けることができる体制を確保することを
目的とした制度の中で、専門的な医師が配置されているなど、一定の要件を満たした地域のがん診療の中核となる病院が指定されます。
質の高いがん医療を地域の皆さまに提供するために、多職種が協力してがん患者さんの症状改善に取り組んでいきます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 11.54 50.9
中等症 112 13.86 76.2
重症 27 22.22 78.6
超重症 12 18.17 80.3
不明 - - -
市中肺炎とは、日常生活の中で発症した肺炎のこと。
ここでは示したのは、あくまでも「成人」の「市中肺炎」である。
当院では小児等の肺炎も多い。

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 14 8.6 69.1 7.1
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 257 24.7 75.9 37.2
その他 33 23.1 74.1 2.4
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 12.4 - -
その他 38 11.2 69.4 2.4
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 6 7.2 57.5 16.7
I675 もやもや病
<ウイリス動脈輪閉塞症>
3日以内 - - - -
その他 5 - 30.2 -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。
ICD10の名称にある「$(ドル)マーク」は0~9に分類できるもの全てという意味がある。
(例)G45$・・・G45.0、45.1、45.2、45.3、45.4、45.8、45.9のこと。(G45には5~7の病名分類は存在しない)

患者数はI63$が多く、発症から3日以内のものが圧倒的に多い結果となった。
脳梗塞は脳卒中の大部分を占め、どんなに軽くてもできるだけ早く病院に来て早く治療を始めなければなりません。
t-PAという血栓(血の塊)を溶かす薬剤を使った血栓溶解療法は頭蓋内出血を起こす危険がありますが、適応を見極めて使用し、
症状の改善に努めます。
この治療を受けるためには、
遅くとも【発症から3.5時間以内】に、この【治療法ができる病院を受診】する必要があります。当院では24時間365日t-PAを使うことが可能です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 204 1.7 1.4 0.2 70.7
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 68 1.3 2.3 - 64.7
K616 四肢の血管拡張術 53 1.8 2.8 - 68.3
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 52 0.6 5.3 0.2 69.8
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 52 0 15.3 0.3 72.3
【循環器内科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 344 0.7 1.6 0.1 68.5
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 64 2.0 19.0 0.2 74.4
K6152 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 43 3.6 9.1 - 76.2
K654 内視鏡的消化管止血術 30 2.3 10.4 0.1 71.4
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 27 6.1 15.6 0.1 63.4
【消化器内科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 10 0.4 3.9 0.1 2.2
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 5 0.0 10.4 0.1 -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 1 2.0 3.0 - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 1 1.0 3.0 - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 1 1.0 1.0 - -
【小児科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 83 5.8 33.3 2.5 61.0
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 76 1.8 24.3 1.8 62.8
K164-2 血腫穿孔洗浄 67 0.2 16.0 1 78.0
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 14 2.7 11.9 - 74.1
K610 1 動脈形成術・吻合術 12 3.8 15.8 0.2 64.5
【脳神経外科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
脳腫瘍と脳動脈瘤の開頭手術件数は、全国から特に多くの患者を受け入れています。今年から血管内手術を開始しており、
脳動脈瘤に対するコイル塞栓術や頸動脈狭窄に対するステント術なども行っています。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 116 1.7 7.9 0.1 35.0
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 86 1.0 3.7 - 43.7
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 85 4.1 8.2 - 32.8
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 78 1.0 3.8 - 47.8
K867 子宮頸部(腟部)切除術 50 0.0 1.0 - 43.3
【産婦人科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
子宮や卵巣の良性疾患に対しては、子宮鏡下手術や腹腔鏡下手術を積極的に行い、従来は開腹手術であった疾患もご希望があればできるだけ内視鏡手術で
行っています。悪性疾患に対しても、腹腔鏡などの応用により、内視鏡補助下に手術侵襲の少ない手術を目指しています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 66 1.2 4.8 - 72.5
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 35 1.0 5.0 - 67.9
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 23 1.7 3.0 0.2 62.7
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 21 1.0 5.5 - 73.3
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 19 1.1 7.6 - 62.8
【泌尿器科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
悪性腫瘍手術、尿路結石症手術、前立腺肥大症手術はいずれも鏡視下手術を積極的に行っております。

救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 6 8.2 49.8 0.2 57.8
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管)(止血術) 2 0.0 60.5 0.2 -
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 2 1.5 10.5 0.2 -
K6021 経皮的心肺補助法(初日) 1 0.0 9.0 - -
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 1 0.0 3.0 - -
【救急科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 10 0.0 1.0 - 65.1
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 9 0.8 4.4 - 77.8
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6センチメートル以上12センチメートル未満) 7 0.0 1.6 - 60.1
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 2 0.0 1.0 - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 1 0.0 2.0 - -
【皮膚科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 81 2.0 17.4 4.1 67.5
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 71 1.6 26.5 1.0 69.6
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 71 1.5 12.0 0.5 53.9
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 65 2.5 24.7 0.3 72.0
K0483 骨内異物除去術 53 1.3 4.5 - 55.4
【整形外科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 108 1.4 3.2 - 66.6
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 84 2.1 4.1 - 61.0
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 38 4.9 11.6 - 72.7
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 32 0.3 5.0 - 34.4
K672 胆嚢摘出術 29 1.3 11.6 0.5 69.1
【外科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 11 19.8 16.5 0.6 70.9
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 4 3.3 13.8 - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 2 13.5 55.5 0.6 -
K386 気管切開術 2 8.0 88.5 1.2 -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 1 8.0 11.0 - -
【腎臓内科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 20 2.8 3.6 - 33.6
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 19 2.5 7.5 - 66.1
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 13 1.7 5.4 - 69.2
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 7 2.6 5.3 - 62.7
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 6 2.0 4.0 - 60.5
【呼吸器外科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

【診療科より】
当科では、比較的早期の肺がんに対しては積極的に胸腔鏡下手術を行っています。手術の傷が小さく、術後の痛みも軽いのが特徴です。手術による体へのダメージ
が少ないため、回復も早く入院期間も従来の開胸手術(大きく切開する手術)と比べ短くなりました。 胸腔鏡下肺葉切除術における術後平均入院期間は1週間
程度です。
また周辺の臓器や胸壁などに直接浸潤しているような進行肺がんに対しても、切除可能と判断された場合には積極的に開胸による手術を行っております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 364 1.0 2.7 - 76.7
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 70 0.7 3.1 0.4 60.9
K2422 斜視手術(後転法) 8 1.0 1.0 - 26.5
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入) 5 1.0 1.6 - -
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 4 1.0 1.0 - -
【眼科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。

【診療科より】
「白内障手術は日帰り、入院のどちらでも対応可能です。網膜硝子体手術や斜視手術にも対応しております。」

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 17 3.4 2.8 - 68.4
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 12 1.0 1.0 - 72.8
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 11 3.9 10.6 0.5 73.4
K5601ニ 大動脈瘤切除術<上行><その他> 11 0.3 27.9 1.0 64.2
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術 11 6.6 24.6 - 69.6
【心臓血管外科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 13 1.0 6.2 - 16.9
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型 12 1.0 4.3 - 67.0
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 6 1.0 1.0 - 6.5
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 4 1.0 4.0 - -
K407-2 軟口蓋形成術 3 1.0 4.3 - -
【耳鼻咽喉科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。

【診療科より】
副鼻腔炎手術は全例が全身麻酔下の内視鏡下手術(ESS)です。抜去時に痛みの少ないガーゼタンポンを使用しており、入院期間も1週間未満の方が
大多数です。閉塞性睡眠時無呼吸症(OSAS)に対する手術治療も行っています。小児の滲出性中耳炎に対する全身麻酔下の両鼓膜換気チューブ
挿入術は小児病棟に入院の上、2泊3日で施行しています。

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 13 0.9 3.5 - 52.5
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 9 1.0 2.3 - 68.8
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 8 1.0 2.8 - 76.8
K219 1 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 5 1.0 2.0 - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 5 1.0 5.0 - -
【形成外科】上位5つの術式
各術式において、『患者数』、『平均術前・術後日数』、『転院率』、『平均年齢』を示した。
※患者数が5件以下の場合、特定を防ぐため「年齢は非公表」とした。

【診療科より】
形成外科では、体表より知ることのできる腫瘍、外傷、変形などを外科的な手技(切る・縫うなど)をもちいて治療しています。
形成外科の特徴は、疾患を治すことはもちろんですが、手術に伴う傷跡を極力目立たなくするような治療を行うことです。
傷を全く無くすことは不可能ですが、傷跡が気になる場合にはご相談ください。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.015
異なる 20 0.149
180010 敗血症 同一 34 0.253
異なる 27 0.201
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.015
異なる 2 0.015
180040 手術・処置等の合併症 同一 64 0.475
異なる 6 0.045
入院の契機となった傷病と「同一」、「異なる」とは、「もともと上記の傷病名で入院した」か、「入院後に上記の傷病を発症、あるいは重篤化し、医療資源を多く必要とした」かの区別です。
当院の救急科では、敗血症に合併する播種性血管内凝固症の予後を予測するための多施設共同研究に参加しています。急性期医療を行う当院には、上に挙げられている傷病が重篤化し、紹介入院となる患者さんも多くいらっしゃいます。

更新履歴
2017年9月28日
もどる
ページのトップへ戻る