アクセス


各セクションメニューへ

院長ご挨拶

心のこもった質の高い医療の実践

 独立行政法人国立病院機構横浜医療センター院長の平原史樹(ひらはらふみき)です。
当院では『私たちは人権を尊重し,思いやりの心をもって安全で納得していただける患者中心の医療を目指します』との病院の基本理念に基づいて診療させていただいております.また横浜市西部における地域中核の拠点病院として皆様の病状に合わせて高度な医療を提供させていただくとともに,救急救命医療,災害医療などの拠点としても診療体制を整えております.
 さて,当院は本年2017年4月1日より完全紹介制の病院となりました.詳細は当院のホームページのご案内をご覧いただきたく存じます.当院は当地域の高度急性期医療という濃密な医療の部分を中心に担うべく病院の位置づけを医療計画の中で定められており,地域の医療機関と医療機能を分担して病院と診療所などとの連携をより進めていくことが求められております.皆様にはぜひ地域の診療所等の先生にかかりつけ医となっていただき,より高度な診療を必要と判断された場合には,かかりつけ医の先生よりご紹介をいただき,より密度の濃い外来診療,さらには当院の医療機器をフルに活用した最大限の高度医療に専心させていただきたく存じます.
 皆様には当院の高度医療の機能を可能な限り早く,多くの方々に効率よく提供させていただくための仕組みとご理解いただきたく存じます.今まで『原宿の国立横浜』と親しくかかりつけ医としてご来院いただいている方々にもこれからも可能な限り対応したくは存じますが上記の事情をお察しいただき,『みなさま⇒かかりつけ医⇔横浜医療センター』の連携が進むようご協力,ご支援をいただきたく存じます.
 また,みなさまの健康を守るために健康,医療,当院の診療情報,トピックス等をホームページ・院外報「はらじゅくかわら版」をはじめ地域医療講座などでもお伝えし,地域の医療機関と緊密に手を携えあって地域医療支援病院としての役割も果たしてまいります.
 皆さまが受けられる医療が最善なものとなるよう職員一同,弛まざる研鑽と努力を続けてまいります.また患者様には現在,大勢の患者様に対して限られた施設規模,スタッフ数で目いっぱいの対応をしておりますので大変混雑し,お待たせするなどご不便をおかけすることがございますが,現況をご理解いただき,患者様皆様に等しく当院の医療が行き渡るよう努めますのでご協力をお願い申し上げます.
















もどる
ページのトップへ戻る