アクセス


各セクションメニューへ

脳神経血管内治療外来

切らずに治す。身体に負担が少ない治療です。

概 要

 脳神経外科の手術と聞くと頭を切って大掛かりな手術のイメージを持たれる方もいると思います。最近は“カテーテル”を使用した血管の中から治療する脳血管内治療も主流となってきています。頭を大きく切らずにすみ身体には比較的負担が少ない治療法です。
 当院では従来から定評がある開頭手術に加えて、脳血管内治療も行っております。
 脳神経血管内治療外来は従来の開頭手術も行っている医師が担当させて頂いております。どちらの治療法のメリット、デメリットを踏まえて患者さんに最適な方法を提供するように務めています。
 完全予約制にはなりますが、診察をご希望の方はお気軽に受診をお待ちしております。

対象症状

・出血性疾患
  脳動脈瘤(破裂、未破裂)
  脳動静脈奇形
  硬膜動静脈瘻
  脊髄動静脈奇形・脊髄動静脈瘻

・虚血性疾患
  急性期脳梗塞に対する血栓回収療法
  頚動脈および頭蓋内動脈狭窄に対する血管形成術、ステント留置術

・その他
  脳腫瘍塞栓術
  脳腫瘍選択的化学療法

・検査
  海綿静脈洞サンプリング試験

主な疾患:具体例

A.脳梗塞 → 血栓回収療法

一刻を争う脳梗塞の治療でも効果を発揮します。上手くいけば治療直後から症状が改善することもあります。アルテプラーゼ静注療法に次ぐ標準的治療になりつつあり、当院で一貫した脳梗塞治療が可能となりました。

B.脳動脈瘤 → コイル塞栓術

右のような大きな動脈瘤でも切らずに治療でき手術時間・入院期間も短くすみます。
従来の開頭クリッピング術のメリットも活かしより安全性の高い、ニーズにあった治療選択が可能となりました。

C.頸動脈ステント留置術

脳梗塞のリスクとなる内頸動脈狭窄症に対しても低侵襲に治療が可能です。今までは全身麻酔下で内膜剥離術が必要でしたが、局所麻酔下、短時間で治療可能です。全身麻酔がかけられない方でも治療することが可能となります。

開業医の先生へのお願い

 脳血管内治療の適応についてのご相談に限らず、脳神経外科領域の治療について悩まれた場合はどうぞご遠慮なくご紹介ください。
 特に、動脈硬化リスクが高い患者さんは頚動脈の狭窄が進行している場合もあります。頚動脈エコー検査などで狭窄が見られた場合はご相談頂けると幸いです。




もどる
ページのトップへ戻る